トリハロメタンの発がん性

 

水道水を飲むのは危険?飲料水としてベストな水は?

 

水道水が含むトリハロメタンには発がん性があるのかは、とても気になる部分でしょう。水道水の中に残留する、トリハロメタンの発がん性は、現代の情報社会の中では耳にしたことがある人もいるでしょう。

 

トリハロメタンの発がん性について、それが確認されたのはえ会の中でも最初はアメリカでのことです。その地域ではなぜか、がん患者が急速に増えました。原因不明であったために調査した結果が、なんとトリハロメタンであったわけです。この報告があってから日本においては、1992年には水道水中のトリハロメタンの量にも着目をして、人間には害を及ぼさないレベルにするよう、法律で規制をしたのです。

 

規制はしましたが、それでも毎日3リットルほどの水道水を飲むと、70年間続けたらがんになる恐れはあります。ですから規制を設けたとしても、パーフェクトに無害にはなりません。塩素は含まれることが許可されていますが、その残留塩素のあるために、水道水において雑菌類等の繁殖がないためです。水道水をクリーンにしても塩素がない状態だと、水道管を流れることによって汚染水へと変化をしてしまいます。汚染水が水道から出れば、食中毒などは日常茶飯事になります。

 

結果的には今までのように、普通に食事にも入浴にも水道水は危険で使用ができなくなります。ですから水道水における残留塩素というのは、結局のところは安全に使うために必要ということになります。トリハロメタンは発がん性の可能性は限界まで下げて、できる限りの安全対策の中で、選ばれたのは塩素の存在だったわけです。トリハロメタンを取り除くためには、水道水を沸騰させることによって可能となります。湯を沸騰させてから、時間的に10分以上しっかりと沸騰をさせた湯に関しては、安全性も高くなります。

 

水道水を直接そのまま飲むのは、あまりお勧めとは言えあません。普段からこまめに水を飲むのであれば、市販のミネラルウオーターなどを利用するのがいいでしょう。

 

最近話題の水素水の話

 

水道水は煮沸してから飲む?

 

水道水を飲むのは危険?飲料水としてベストな水は?

 

水道水は従来と比較してとても美味しく飲めるようになりました。煮沸することによってカルキ臭を取り除くことができます。しかし、長時間煮沸することによってトリハロメタンを凝縮させてしまう可能性がありますので煮沸は5分程度にとどめておくことがおすすめです。

 

水分をきちんと摂取することによって末梢血管まで血液が行き届きますので冷え性やむくみなども改善されます。乾燥肌も改善されますので積極的な水分補給が大切です。

 

水道水でも美味しく摂取する方法は数多くあります。常温よりも少し冷やした温度に保つことによって美味しく感じます。夏場は冷たいほうがもちろんおいしく飲めますが、冬場に関しては常温でも十分冷たくなります。水道水を汲み置きして放置することによって味の悪さが緩和されます。塩素が抜けると殺菌力も弱まりますので早めに飲むことがおすすめです。早めに飲まないと雑菌が繁殖する可能性が高まりますので早めに飲み切ることがポイントです。

 

また、水道水をペットボトルに入れて日光にさらすこともポイントです。紫外線消毒をすることができますのでこれによっても塩素を抜くことができ味が良くなります。美味しく水道水を摂取することによって新陳代謝を活性化することができ、痩せやすい体つくりを助けてくれます。塩素は体内のビタミンやたんぱく質を壊してしまう働きがあるため、水道水を飲むときには十分な煮沸を行い塩素を抜いて摂取することがおすすめです。

 

現在は貯水槽もきれいにメンテナンスしており、配管の更新などもされているため錆などがないきれいな水道水を飲むことができております。煮沸してからすぐに火を止めると発がん性物質であるトリハロメタンが2から3倍まで増えてしまうため、15から20分の煮沸が必要です。水の質を上げてデトックス効果を高めることで効果的なダイエットをすることができます。こまめに水を飲んで乾燥しない肌を作ることがおすすめです。

アルカリイオン水とは??

 

水道水を飲むのは危険?飲料水としてベストな水は?

 

アルカリイオン水とは、pH(アルカリ性)9〜10の電解水や水源から採取されるアルカリイオンを含んだ水のことを指しています。アルカリイオンが含まれている水はいろいろなメーカーから販売されているのですが、濃度によって期待できる効果が異なってきます。そこでスーパーなどでアルカリイオン水を購入する場合、濃度をしっかりチェックしてみると良いでしょう。

 

一般的な人の体液はpH7.4(弱アルカリ性)となっており、アルカリイオンが含まれている水は健康に良いとされています。アルカリイオン水には、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれており、お茶に使うと味がまろやかになったり、煮物に使うと美味しくなったりします。また、毎日飲むことで腸内環境を正常に保つことができますし、便秘解消効果も期待できるでしょう。

 

また、アルカリイオン整水器というものもあるのですが、これは同時に弱酸性水も生成されます。美容に気を使っている女性の場合、アンチエイジング効果のある弱酸性水で顔を洗ってみると良いでしょう。

 

アルカリイオン水はペットボトル入りのものを購入するか、自宅にアルカリイオン整水器を取り付けることで簡単に摂取することができます。料理や洗顔などで毎日利用するなら、ペットボトルではなく整水器を購入した方がお得になります。アルカリイオン水の効果・効能についてですが、疲労回復や下痢の改善、便秘の改善、高血圧の予防、老化の予防などといったものが挙げられます。

 

ちなみに、アルカリイオン水の摂取上限は1日あたり体重の5%とされています。健康の維持を目的に飲む場合は体重の2%程度で十分ですし、生活習慣病の予防や改善が目的ならもう少し増やしても良いですが、5%を超えないように注意が必要です。

 

また、胃酸の量が少ない人や胃を切除している人の場合、アルカリイオン水を飲むと食中毒を起こしてしまうことがあるので飲むことはできません。

ミネラルウォーターが含むカリウムについて

 

水道水を飲むのは危険?飲料水としてベストな水は?

 

健康志向が強くなった近年では、飲料水を目的とする以外でも料理や美容を目的に洗顔時などのもミネラルウォーターが多く用いられるようになりましたが、これには天然水、ミネラルウォーター、ボルドウォーターという種類があり、水源や殺菌処理の有無により分類されます。

 

中でもミネラルウォーターは、天然水の水源から取った水で加熱と殺菌そして濾過以外のミネラル成分の入っているナチュラルミネラルウォーターにミネラル分を調節して加工したものです。これには国産のものと海外のものがあり、それぞれに内容成分が異なりますが、海外のもの特にヨーロッパ制のものは硬水が多く、国産は軟水のものが多く市場に出回っています。

 

この軟水と硬水の違いはマグネシウムとカルシウムの含有量の違いで、硬水の方がマグネシウムとカルシウムが多く含まれているので成分調整が不要ですが、国産の硬水はマグネシウムとカルシウムが少ないために人工的に加えて人間に必要な理想のミネラルバランスを作りだしています。その為にミネラルウォーターを飲む事で健康維持に有効に働くと考えられます。またよく知られているのがデトックス効果ですが、これはミネラルウォーターに含まれるもう1つの成分のカリウムが大きく作用しています。

 

水分の取り過ぎると体がむくむというイメージがありますがそれは間違いで、細胞内の水の代謝はカリウムの量によるので、むくみのある方はカリウムの量が不足していると考えられますので、自然にカリウムを九州のできるミネラルウォーターを飲むことはむくみを取るのに効果があり、またこの成分には心臓や筋肉機能を調整する働きがあるので、塩分の排泄を促します。

 

飲料する際の1日の目安は、1Lから1・5Lを7回から8回に分けて飲む事が好ましく、喉が渇いたからと一気に飲むことは体を冷やしてしまうので避けた方が良いでしょう。また冷蔵庫で冷やさず、常温のものを飲むことをおすすめします。

白湯を正しく飲もう

 

水道水を飲むのは危険?飲料水としてベストな水は?

 

健康や美容に様々な効果が期待できる白湯ですが、正しく飲まないと思うような効果を得ることができません。自分にあった飲み方を生活に取り入れましょう。

 

まずは起きてすぐに飲みましょう。寝ている間に汗などにより水分が失われているため、体は水分不足になっています。そのため、朝一番は水分補給をする必要があります。目覚めてすぐにジュースなどを飲むのはよくありませんので、体温に近く砂糖などが含まれていない白湯を飲むと体内に取り込まれやすく効果的です。スムーズに水分不足を解消することができます。朝一番に白湯を飲んだら、朝食は三十分後くらいを目安にとるとよいです。

 

白湯は食事のときの飲み物にも向いています。朝食、昼食、夕食と、食事をとるときに白湯を一杯、飲むようにするとよいです。毒素が溜まっている状態のときには苦く感じたりすることもありますが、デトックスできている体になってくると甘く感じられるようになるといわれていますので、ひとつの目安とするとよいです。

 

白湯は体温程度の温度にして、ゆっくり飲むのが正しい飲み方です。一気飲みするようなものではありません。また、温度が高すぎたり、沸かしたものを水で薄めて適温にするのもよくありません。いったん沸かしたものを体温程度にまで冷ましてから飲みましょう。少しずつ、ゆっくり飲むことで健康や美容によい効果を得ることができます。

 

体によいからといって、飲み過ぎもよくありません。1日の摂取量の目安としては、800ml程度と言われていますので、飲み過ぎに注意しましょう。なぜならデトックス効果により、飲み過ぎると体にとって必要な栄養まで体の外に出て行ってしまう可能性があるからです。体によいからといって、頑張ってたくさん飲む必要はありません。摂取量の目安の範囲で体調を見ながら飲むようにしましょう。

 

白湯を飲むのは手軽にできますが、やりすぎはよくありません。適量を継続して飲むように心がけましょう。